教室

ゆっくり作業できるスペース

美術の時間のアトリエではひとりひとりが、独立して好きな作業ができる十分なスペースと環境に配慮しております。

あらかじめ通いやすい曜日、時間帯でお申し込みいただき、
使用人数などを調整させていただいております。

利用日時の変更など事前にお知らせいただければ
ご都合に合わせて振り替えることもできますので、是非ご相談ください。

大人の教室

「手を動かしてみたい」
「そういえば昔、絵を描くのが好きだったな……」
「絵が上手に描けたらいいな」
という方、大歓迎です。

「こういうこと やりたい!」
「こうするための技術を知りたい!」という方、どんどんお教えいたします。

絵を描きたい。アクセサリーを作りたい。
ぐっとマニアックに琳派の “たらし込み” や “金箔” を貼るのをやってみたい……
などなど。
まずはやりたいことをお聞かせください。

「何から始めていいのかわからない」という方、
まずは、表現したいものを見つけることから、始めてみましょう。

自分にはどの画材があっているのか、どんな表現がぴったりくるのか。
自分自身で見て、触って経験してみましょう。


「美術の時間」では
日本画、油絵、水彩画、墨絵、パステル画、デッサンなど様々な表現方法をご指導いたします。
興味がわいた画材にどんどんチャレンジしてください。

アトリエ見学や体験も随時受け付けておりますので、
お気軽にお問い合わせください。

→「無料教室体験」お申し込みへ

こどもの教室

毎回、テーマを設けて楽しくもの作りをしてもらいます。

「今日は“あったか〜い”を表現してみよう!」
とか、
「“すっぱ〜〜い”はどんな色?」
とか。

手だけじゃなく、「足でも描いちゃおう!」と、
絵の具を塗ってペタペタ色とりどりの足跡で描いてみたり……。

遊びと好奇心のままに、描いて作っていくことで作品を制作していきます。

健やかなこころと豊かな感性が育つための“こころの運動” ができる
そんな、おおらかな時間と空間の提供を心がけています。

平面、立体を問わず、様々な素材を使った美術造形を楽しみます。
五感の活性化や豊かな自己表現のお手伝いをいたします。

こどもの教室は、小学生のクラスの他

3歳以上の幼児や、特別な助けが必要なお子様のためのクラスもあります。
時間や環境など、まずはご相談ください。

保護者の方も同伴で教室の様子を体験していただけます。
ぜひ「無料体験教室」をお申し込みください。

→「無料体験教室」お申し込みへ


指導者紹介

講師はほぼ半世紀にわたって美術教育の場に携わってきた“教えるプロ”。
その持てる技術と知識を、惜しみなくお伝えてまいります。


松尾 多英
まつお たえ

画家 / 元 東京造形大学 教授

経歴

1947年 生まれ

1970年 École nationale supérieure des Beaux-Arts à Paris (フランス・パリ)修了

1971年 東京造形大学就任

1973年 テーマ『自画像』の個展開始から1982年まで個展発表10回

1982年 砂丘との衝撃的な出合い

1995年 テーマ『砂』100号連作の個展開始から2019年まで個展発表13回

1999年 CITY CLUB OF TOKYO(カナダ大使館)『砂』所蔵

2000年 天井山寶積寺(岩手県)『砂』所蔵

2001年 万平ホテル(軽井沢)『砂』所蔵

2002年 鳥取県立博物館に『砂』所蔵

2005年 砂の美術館(サンドパル鳥取)『砂』100号×26枚連作常設展示

2013年 東京造形大学定年退職

2019年 アトリエを開放して「美術の時間」開室

現在 八王子学園都市大学・八王子市木馬工房(障害者就労支援施設)・

   八王子市わくわく(障害者デイサービス施設)美術講師

→松尾多英ホームページ「砂」へのリンク

廣瀬 友彦
ひろせ ともひこ

彫刻家 / 元 私立早稲田中高等学校美術教諭

経歴

1955年  生まれ

1978年  東京芸術大学彫刻科卒業

1979年  イタリアミラノ市立ブレラアカデミア留学

1981年  帰国

1981年  川崎市立南加瀬中学講師 
~1982年

1982年  私立早稲田中高等学校美術教諭 
~2020年

     <退職記念「動物園のゴリラ」校内設置>

1983年  第1回現代日本具象彫刻展「走」入選

1986年  日展「月」入選

1987年  二科展「動物園のゴリラ」入選

(~ 現在  二科会会員)

1989年  第4回国民文化祭さいたま89彫刻

     「森の人」入選 さきたま緑道公園設置